2017.2.25 学校見学会を行いました

寒さも緩み、暖かな日差しに恵まれた本日、学校見学会を行いました。

稲作コースでは、苗づくりの最初に行う「塩水選」の実習が始まっていました。
塩水に籾を入れ、比重の重いよい籾は沈み、軽い籾は浮き上がります。重い籾をつかうとしっかりした良い苗できます。塩水選の実演もあり、参加いただいた方はとても興味深そうで、いろいろな質問がでてきました。
良い苗をつくるために、よい籾を選ぶところからが米づくり、という職員の気持ちが伝わってきました。

養牛部のガイダンスでは、牛舎をぐるっと見て頂きました。
人に慣れている牛たちは、たくさんの人がはいってくるのを見て駆け寄ってきてくれました。
大きな牛が寄ってきて、びっくりされた方もいると思います。驚かれた方、怖い思いをした方はごめんなさい!

お昼には学生食堂で、学園産の豚肉や野菜を使ったカレーを食べて頂きました。
短い時間でしたが、学校の雰囲気を感じていただけたでしょうか?

本日は、遠く岡山県からもお出でいただきました。お出でいただいた皆さま、どうもありがとうございました!

塩水選の実演もありました


牛舎では牛が興味深そうに寄ってきました。逆に見学されているような・・・




2017.2.21 先進農家見学に行きました

2月の学園は、勉強モードです。

とてもよい天気だったのですが、強い北風で凍えるような寒さの中、茨城県内の先進農家の見学に行きました。

HATAKEカンパニー(つくば市)

最初の訪問はつくば市の「HATAKEカンパニー」。有機栽培のベビーリーフが主力の大変大きな農業法人です。
最初に筑西市にある農場を、その後つくば市の集荷場を見学させて頂きました。

農場には87棟ものハウスが並び、ベビーリーフやハーブ、その他の葉物野菜が栽培されていました。

集荷場では、生産されたベビーリーフなどの選別作業を見せて頂きながら、受注から納品までの徹底した管理方法をご説明いただきました。作業を常に工夫・改善して効率をあげているとのことで、車の工場であるかのような生産管理体制には学生たちも非常に驚き、勉強になったようでした。

集荷場では販売の重要性を木村社長にご説明いただきました。

農場では、栽培管理の方法を中心に、学生から熱心な質問がでました

食と農の科学館(つくば市)

次に向かったのは、つくば農林団地にある「食と農の科学館」です。国が行っている最新の農業研究の成果が展示されています。特に新品種やIT化技術の展示には皆熱心に見入っていました。


魚住農園(石岡市)

最後に、石岡市八郷地区で長く有機農業をされている「魚住農園」を訪れました。有機野菜と卵を個人宅配で販売していらっしゃいます。

ちょうど踏み込み温床での苗づくりが始まっており、春先に葉菜類を収穫するための工夫や、温床でつかった落ち葉を腐葉土にするための工夫を聞くことができました。
有機栽培を学んでいる学生にとっては、学校とはまた違う方法に感心し、熱心に質問をしていました。

農場では、ベタ掛けの下にきれいに育っているターサイ・コマツナ・白菜を、玉ねぎの農場ではその植え方の工夫などを丁寧に説明して頂きました。種を播く時期や品種の選び方など、大変勉強になりました。

落ち葉と鶏糞でつくった踏み込み温床。葉物野菜が発芽しています。

強い北風の中、熱心に質問する学生に丁寧に答えていただきました。

寒い中、HATAKEカンパニーの木村社長を始め、農場を案内して頂いた方々、また魚住農園の魚住昌孝さん、本当に勉強になりました。どうもありがとうございました!



2017.2.9 農業IT化講座

朝から雪景色の本日、農研機構の八谷先生にお出で頂き、農業のIT化の講義をしていただきました。

今後は高齢化や担い手不足などの時代背景から、農業機械を活用した「スマート農業」により、効率化が求められていることを皮切りに、いろいろな技術開発が進んでいることをご説明頂きました。

農業のやり方は近いうちに大きく変わるかもしれません。
それでも、最新技術を使いこなすためには、農業の基本をしっかり知ることがより重要になるのかもしれない、と改めて考えさせられる時間となりました。


驚きの技術をいろいろ教えて頂きました

2017.2.4 鳥獣害対策講座

昨年度に続き、本年も茨城県環境政策課の方に来て頂き、茨城県の鳥獣害対策について講義して頂きました。
これは、就農準備校のプログラムでもあり、就農準備校の受講生、本校の全学生、教職員が参加しました。

普段、なかなか猟銃免許のことを聞くことはないので、こんな世界があるのだと、改めて気づかされる時間でした。


2017.2.3 愛宕山強歩

ここ数週間、天気に恵まれています。
2月3日(金)は、毎年恒例の愛宕山強歩を実施しました。

学園を出発し、岩間駅までは電車を使いますが、愛宕山に登り、その後は歩いて学園に戻ってきます。
総距離はおおよそ25kmです。

本科1年生の行事ですが、専修科の学生も希望者は参加します。
山の中は季節的に雨や雪の影響で滑りやすいのですが、今年はそういった危険な箇所もなく、安心して歩くことができました。

今年は無事、全員歩いて帰ってくることができました!
来月は、いよいよ本番!・・・の筑波強歩を実施します。


8:15 学園を出発。内原駅から岩間駅までは電車で。

岩間駅から愛宕山へ

お昼ご飯は、学園より運んだカレー。知り合いの方の庭先をお借りして頂きます。

16:40頃学園に到着!夕日を背負って。。


2017.2.1 創立記念日

2017年2月1日、本日は本学園の創立記念日です。
多くの方が1日1日と学園に関わって時を紡いできた結果、90周年を迎えることができました。

本日は朝から、創立や戦時中の事業など学園の歴史を学園長にお話頂きました。
戦時中に行った稲苗の無償配布、無償で配布してしまったために自給用にはソバでしのいだことなど、普段ではもうなかなか聞くことができない学園の歴史を聴くことができました。

学園の歴史にも残る、人のため・人に喜んでもらうためという姿勢は、これからも変わることがなく、こうした姿勢で臨めば何事も間違えることはない、そして常に真面目であれ、と学生たちを激励する言葉が印象的でした。

創立記念日を祝し、本日の実習は午前中で終了です。