研修中の卒業生のお話会を開催しました

2017年09月27日

3月に卒業し、現在長野県で研修をしている茂木さんに、お話を聞きました。

真っ黒に日焼けした茂木さん

 
茂木さんは、この3月に専修科を卒業し、現在長野県の「ふれあい・まごころ農園」で研修をしています。

来年の4月には独立就農を予定しています。
独立するにあたり、本学園で指導にあたった先生に相談するために来校したところを捕まえて(?)、現状をお話頂きました。

研修先は有機農業を営んでいる法人です。
早朝から夜まで農作業をみっちりしながら、農業次世代人材投資資金(準備型)の申請、それと同時に農地と借家の確保、認定新規就農者になるための就農計画の作成、と、卒業してからまだ半年ですが、いろいろなことを同時に進めていることがわかり、そのパワーに驚きました。

茂木さんからは、在学中も長野で独立就農しよう、という強い意欲を感じました。
その情熱がまったく衰えることなく、着実に夢を実現させようと進んでいる卒業生を見ることができ、大変よい会になりました。
また漠然と独立を考えている学生にとっても、実際のプロセスを聴くことができてよい刺激になったことと思います。

パートナーさんと一緒に無事独立できたら、またお話を聞かせてくださいね、茂木さん!
 
 
 


セミナー