水耕栽培コース

水耕で清浄野菜を栽培

施設栽培の本来の目的は、作物の可能性を効果的に発揮させるための栽培環境の人工管理による生産性の向上と、病害虫から作物を保護管理して、効率のよい収穫を得ることです。学園ではこの観点に立ち、アクリルハウスで水耕による清浄野菜の栽培を学びます。ミツバ、フリルレタス、水菜いった消費者人気の高い新しい野菜の導入を行っています。 

目的および効果

・周年栽培の利点を活かし、播種から収穫までの一貫した栽培実習を反復体験できる。
・葉菜類による水耕栽培農家の模擬的農家経営に参加できる。
・土地生産性が高く零細農家への演示効果が期待できる。
・栽培管理の実習を通してハイテク機器の操作方法を習熟できる。
 

施設の規模および概要

被覆資材 : 光線透過率の高い「純アクリル板(MMA板)」を使用。
施設面積 : 930.9㎡(縦30.5m x 横30.5m)
システム : M式水耕栽培システム「しき」(NFT方式)
栽培管理 : 「生育コントローラー」「養液コントローラー」等のコンピューターによる自動環境制御で生育環境および根圏環境を最適に管理
収穫・出荷: 収穫物調製機・梱包機・予冷庫等、一連のポストハーベストのシステム化
 

JGAPの認証取得

2007年7月28日 初回取得
 
●GAPとは?
Good Agricultural Practices の略称で、日本語では「適正農業規範」と訳されています。
農作物の生産における農産物の食品安全性や品質確保、環境負荷低減を目的に適切な農場管理を行い、生産段階で考えられるリスクを可能な限り排除する認証です。
 
●GAPの認証取得で食品の安全性と持続的農業の確立を目指す
(1)農産物の安全(生物学的・化学的・物理的危害)
(2)生産者の安全と福祉(作業者の訓練・労働条件)
(3)環境への配慮(水の保全・土壌の保全・ゴミの減少とリサイクル・野生動植物の保護)
(4)農業経営マネジメント(品質管理と内部審査・記録管理とトレーサビリティ・クレーム処理)
 
 
水耕栽培部門・豊田先生
「農業教育機関でのGAPの認証取得は、国内では初めてではないでしょうか。GAPの認証取得は、新規就農者が目指す農業経営の一つの方法であると思います。GAPによる農作物生産を行うことで、学生たちにGAPについて学んでもらえたらと考えます。」

経営内容

総面積 930.9㎡ 
フリルレタス  栽培面積 育苗ベット(長さ25.2mx幅1.2m)x1ベット= 30.1㎡
生産ベット(長さ25.2mx幅1.2m)x6ベット= 181.0㎡
年間作付け回数 1作の所要平均日数/30日(年間作付回数/12回転)
ミツバ 栽培面積 生産ベット(長さ25.2mx幅1.2m)x4ベット= 120.96㎡
年間作付け回数 1作の所要平均日数/45日(年間作付回数/8~9回転)
ミズナ 栽培面積 生産ベット(長さ25.2mx幅1.2m)x10ベット= 302.4㎡
年間作付け回数 1作の所要平均日数/30日(年間作付回数/12回転)

実習風景

 
フリルレタスの種まき 発芽した苗を定植 アブラムシ対策 水菜の出荷調整作業