学園長コラム No.1

2017年11月02日

先般中国の農業関係者35人が日本に視察に訪れました。
一般の農家を見て「まるで芸術品を作っているよう」との感想を持ったそうです。

これは非常にうれしいことだと思います。

農家の皆さんは普段から丹精込めて作物を育てていらっしゃると思いますが、外国と比較する機会はなかなかありません。日本人は細やかな作業心配りは得意だと、何となく心の中で思っていても、確かめることができません。

こうして海外の方から直接感想を聞ける、しかも褒めてもらえるというのはとてもうれしく、誇らしく思います。
これからも日本の農業が世界で評価されるようでありたいですね。