学園長コラム No.11

2018年07月12日

サッカーワールドカップ日本代表の活躍で盛り上がりましたが、最近農村ではスポーツ選手が農業に携わるという話があちこちで話題になっています。
 
スポーツの収入が多くない場合、それを補う方法として。
また、地域との交流はスポーツファンを増やすことにもなりますし、農業の担い手がいない過疎の地域では活性化の大きな力になるでしょう。
そして身体のトレーニングにもなる?
いろいろいいことが多い取り組みと思います。
 
オリンピック、ワールドカップなど世界中の人が熱狂する姿を見ると、改めてスポーツの力を感じます。
世界の一部分はスポーツが動かしている。
武力紛争ではなく、スポーツマンシップで問題が平和的に解決できればいいのにと思います。